ニキビ苦い思い出

ニキビの苦い思い出

自分の中でにきびを絶対に作りたくない場所があります。それは鼻の下です。鼻の下にニキビができると顔の印象がかなり変わってしまいます。自分の場合、かなり滑稽な顔になります。中学生のときによく鼻の下にニキビができてしまいましたがその都度クラスメイトにからかわれました。逆にほほや鼻にニキビができ、バンドエイドなどを貼り付けて学校に来る人にあこがれていましたが、自分はそんなこととは無縁でした。あるとき、おでこに小さなニキビがいくつかできました。不思議なことにそれらにニキビはおでこに円を描くようにきれいに並んでできていたのです。自分では気づきませんでしたが友達の一人がそのことを指摘し、クラスのみんなにからかわれました。ニキビができてもかっこいい人と、どちらかというと滑稽になってしまう人がいますが自分は明らかに後者の方でした。自分はいじられキャラだったので傷つくことはありませんでしたが、どうして自分はかっこよくないのだろうと真剣に悩んだのを今でも覚えています。

 

プロアクティブストレス性のニキビTOPページに戻る